2017年11月19日

ぷりきゅあ。

娘と映画。

お父さん指名でプリキュアの映画観たい。

じゃあお父さんと娘が映画している間

お母さんと息子はどうする?って話になり。

なんやかんやで皆で観に行くことに。


普通に笑えるところ多々ありで面白かったですよ

カメのところとか

ザリガニのところとか

状況に関わらず常に態度の変わらないゆかりさんとか(笑


付き添いの大人が退屈にならないのは大事ですね(ぁ

娘も息子も

ポップコーンの塩味を奪い合いながらも

それなり大人しくみてくれてました。

・・・息子、前はキャラメル味派だったのに

いつの間に塩味派になってたんだ・・・?

拍手する
posted by ぽて at 08:28 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

カーズ3

カーズクロスロードことカーズ3を観てきました。

息子と。

カーズということで子供向け。

で、子供に付き添うぐらいのつもりで観に行ったのだけど



ストーリーの性質が、

40や50を過ぎたからだの衰えを感じている働く大人にこそ

じわりとくるストーリー。

エンディングテーマが奥田民生なのが

すげぇしっくりくる(笑


むしろ大人に観て欲しい作品かもしれん。カーズクロスロード(笑
拍手する
posted by ぽて at 08:29 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

息子と映画。

初・息子を映画に連れて行きました。

事前に説明しておけば息子は大体わかってくれる子。

なので色々と分けてお話しました。


先にトイレ行っておこう。途中でトイレに行けるけど

録画した番組みたいに止めてもらうことはできないよ。

静かにしましょう。子供向けだと応援してねってあおられるときあるけど

そのとき以外は静かに観ましょう。


映画が始まる前に息子がいった。

「動画にして。」

ようするにスマホで撮影してほしいということ。

「お母さんと妹にも見せたいから。」

息子なりの優しさなんだが、それをやるとね(苦笑

お父さんそれやると逮捕されちゃうんだよ。

素直に退いてくれる息子。


息子はちゃんとそのことを理解して大人しく映画観れました。

子供向けなんで1時間ぐらいか。

うん、えらいえらい。


息子を映画に連れて行くのは問題なさそうだ。


ほかにもポップコーンは映画の醍醐味だとか教えたけどな(ぉ

拍手する
posted by ぽて at 08:23 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

劇場版P3の第四章。

ペルソナ3の映画、第四章みてきました。

12月入って、綾時の正体が判明してラスボスの存在を皆が認知して

そこから1月31日の決戦を経て、3月の卒業式の日までのお話。


ってかもうなんだろう・・・俺ってそんな涙腺弱いっけ?

そう思うぐらい、何度も泣かされた。

いずれくる死を突きつけられ向き合う姿に

決戦で理に向ける仲間たちの声に

卒業式に舞う桜の花びらを見た仲間たちの姿に

何度もじわりと、胸からこみ上げる気持ちが涙溢れさせました。


一本の映画で何回も泣くとか初めてだと思う。

田口め・・・監督の田口めっ!

こう何度も泣かされたことになんだか清々しい敗北感すらある。


まだの人は、是非に。
拍手する
posted by ぽて at 13:24 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

ボルトみてきた

BORUTO観てきました。

今までのNARUTOがあったからこそ、が

しっかりと活きている映画だったなって。



ボルトの現代っ子ぷり。

ちゃんと平和ボケしとる。

年頃の反発っぷりと憧れっぷり。

ナルトの幼少期と比べてえらく恵まれてるよなー

とか思いつつ。


ナルト世代の子供たちがね

まんま、ソレっぽいの引き継いでるのを見つけると

ちょっと嬉しくなったり。

リーの子供良いとこ無しだったな(ぁ

シカマルの子はまんまシカマルだった(ぁ


ミヅキは誰の子?

物語の最後にわかりますけど・・・

あぁ・・・うん。そうね(苦笑

色々・・・本当にちゃんと真っ当に産まれた子なのか

疑わしいな・・・


ボルトは天才すぐる。

威力はアレでも螺旋丸習得早過ぎだろ

しかしまぁ木葉丸も先生か・・・

しかも螺旋丸使えるとか。

基本、覚える術がナルトよりだな。

じいちゃんが技のデパートだった割に(笑


サスケ。

なんつーか丸くなったなぁ。



五影。

砂は我愛羅でー

霧は・・・前の水影のところに付いてた男で持ってる刀は

ザブザたち七人衆だかの持ってるうちの一本だったっけ?

雷は・・・えっと・・・これ誰だ?ダルイだかキモイだかなんかか?(ぇ

あと女の人が・・・えっと・・・土影?

前の腰痛土影の回りに誰いたっけか(ぉぃ

よくよく、我愛羅は若いうちに風影になったからってのあるけど

他世代交代してるのに長いな。あの中で一番五影暦長いじゃない?



映画みて、流れ的に不自然じゃなかったから忘れてたけど

映画のCM見てるときボルトが木葉マークを横一線に切った額あてしてて

あれ?ボルト抜け忍??って思ったけど

確かにあの流れだと気にならんな(笑



まぁ色々っと楽しめましたわ。

見せ場しっかり。

ナルトとサスケの共闘が自然だしね。


しっかし・・・

ボルトは恵まれてるなぁ・・・

才能やら何やら(ぁ
拍手する
posted by ぽて at 02:03 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

P3映画第三章。

P3観てこれました。

仕事終わりにレイトショーとか初めて。

時間作ってくれた妻に感謝。


しかしまぁ・・・なんだ。

石田彰好きにはこのP3第三章は名作として語り継がれることだろう・・・

石田が石田と仲良くなろうとからみまくり

石田が石田といちゃいちゃと・・・

なんだこの誰得か丸判りな(笑


今回は石田回。

もしくはテレッテの最初で最後の見せ場。

テレッテがチドリを抱きしめたときにチドリの頭の剣、テレッテに刺さってなかった?

ねぇ、刺さってたよね?

良いシーンだけどそっちが気になって(笑


窓+アイギス=ベベベベベイベベイベベイベベイベ♪

超うけた(笑



終わりどころ上手くて

次が早く観たいなっ

・・・早くても年末ぐらいにはなっちゃうのかねぇ?やっぱ。

でも物語は12月入ったから、むしろ丁度いい??
拍手する
posted by ぽて at 01:18 | 兵庫 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

NARUTO ザ・ラスト観てきた

映画のナルトみてきました。

名前の通り物語の一つの完結となるお話。

妻もいずれ観に行けるようになんか仕掛けますが

とりあえず二人同時は難しいんで私が先に先行してって感じで見てきました。



さてあとはネタバレで感想を。
字の色白にしときますわね。

-------------- 以下、ネタバレ --------------


ガチナルトファンって程じゃないですが

連載当初からそれなりに好きで見ていた人間として

ちゃんとした良い終わりを見届けられるのはなんだか感慨深いもの。

何気にヒナタ派なので尚更に(ぉ

私としちゃこの映画は主人公ヒナタですわ(ぉぃ


バトルより恋愛中心。

今まで本編で積み重ねてきたヒナタの布石を

一息にガッツリと回収しまくった感じですね。

ほんと、ヒナタ報われてよかった。

ちょっと泣きかけた(ぉ


ラスボス君。

最近ボッチ系のラスボス多いよねー。

この映画の敵もなかなか可哀想なボッチぷりだった。

ヒナタへの発言でわかるように

話し合い持ちかけられても都合悪い話は聞く耳持たず突っぱね。

コミュニケーション能力解り易く低い。

生活は傀儡人形だらけでガチで独りぼっち。

可哀想に(ぁ

んでもって世界滅ぼして新しい世界作り直す系の思考。

まぁこういうヤツがラスボスな度に思うのだけど

些細な都合悪いこと起きる度に聞く耳もたんとか

そんなヤツ中心に新しい世界作ったところで上手くいくわけがねぇよ

そうつくづく思う可哀想な子でした(ぁ


サクラ頑張る。

ナルトのこともヒナタのことも、昔から見ていた乙女故。

ナルトへの感謝の気持ちとヒナタへの応援したい気持ちがある故に

鈍感男と奥手娘の間を取り持つお世話役。

ナルトとヒナタの関係も大きくこの騒動解決に大きく関わったのだから

サクラもちゃんと影の立役者だよね。おつかれさん。



ナルトのモテ期が面白かった

漫画でナルトが無限月読の騒動から世界を救った英雄と呼ばれ2年程経過したのが

今回のお話の時間軸。

木の葉の里に縛られず五影の里の全ての英雄として扱われるわけで。

めっちゃモテ期(笑

校庭でアカデミー生徒を指導していれば窓から声援とばされ

行く先々でプレゼント渡され

他の里からわざわざナルト見に来た人に写真とられ

アカデミー同期から「あのナルトにモテ期がくるとはねぇ」

まさに、ナルトのボッチ時代知ってる人からするとね(笑

本人もモテていることがあまり自覚ないのかしっくりきていないのか。

対応はナルトらしいけど空気がナルトらしくないというか面白かった(ぁ


何はともあれ、面白かった。

戦闘要素よりも恋愛要素の方が強かったけども

なんつーか岸本さんらしいと私は感じた。

ちゃんと結ばれて、良かったねヒナタ。

ヒナタ良い子(ぉ



余談。
手編みのマフラーに想いが籠るなら
セーター手編みの方がつよい!?

タグ:NARUTO THE LAST
拍手する
posted by ぽて at 00:35 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

P3。

映画のP3を観てきたよー。

観てからちょっと日にち経ったけど。


主人公くんの名前は

キタローじゃなくて結城理くんです。

P3の主人公の選択肢に良く出る「どうでもいい」

ってのが軸になっている感じの性格設定です。


ちゃんと喋るけど

やっぱり気持ちセリフ少なめ?(笑

石田彰がしゃべりまくりーってことはないわけで(ぁ


今回は物語は風花救出戦の辺りまでなんで

劇場版、3回か4回ぐらいやらんと最後までいかないんじゃないかしら?

機会が作れれば続きも観に行きたいものです。

コンゴトモヨロシク。


しかしまぁなんだ・・・

動いている荒垣先輩や

イゴールさんが喋ってるの聞くと

ちょっとじわっとくる・・・。
拍手する
posted by ぽて at 08:03 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

洗脳っすか?はぁ・・・。

801じゃありません!871です!


タイバニ映画観てきましたよー。

ざっくり言えばですが映画のタイバニは

大筋はTVでの放送のお話をギュッと纏めた感じ。

映画ではそれを2回に分けて

今回観てきたのは言ってみればその前半。

兎さんのツン期ですね(ぁ

青薔薇さんもツン期(ぉ


あとは劇場版はTVよりもキャラ誇張が強かったかな。

まぁ2時間程の枠の中でキャラクターの魅力だそうとしたら

いくらかの誇張はした方がわかり易いんだろうけど・・・

折紙先輩、あんな根暗キャラちゃうやろ(笑

ってかスカイハイがアホの子感出し過ぎ(ぉ

オネエは触りすぎ(ぉ


んでもってこのタイバニ映画のエンドロール。

普通、他の映画だとエンドロール中にちらほら帰る人がいるもんですが・・・

勿体ないと思うけど

一切だれも帰らなかった。

ちと気に成りながらもエンドロール観終わったら

・・・続きあった(ぉ

映画観た人対象のガチ人気投票で

その結果に応じて、このエンドロール後に

その人気上位5位までキャラのPVが流れる仕様。

順位が上の方がそのPVの尺が長くなる。

・・・で、それだけならまだしも。

この順位発表とPVが毎週一人ずつ、なんですよ。

5位から順に、次の週は4位の人、って。

・・・全部観たけりゃ毎週映画館に来てねってこと(笑

恐ろしいわっ

最近、特にアニメの映画はリピーター確保の為に色々考えるねぇ。



さて映画後半はどうなるんでしょう?

思わせぶりな行動をしていたけど大人しかったルナティック。

TVでもなんだかんだで決着つかぬままだったルナティック。

やっぱり映画でも・・・?(ぁ
拍手する
posted by ぽて at 04:16 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

あんきも!

映画けいおん!

観てきました。

妻とね。

妻はけいおん、別にテレビで観てたわけじゃないんですがね

思ってたより面白いと感じてくれたようで。

まぁ何気に、ファンじゃない人でも楽しめるかもしれません。


さて感想は追記で。

軽くネタバレるかもしれんし。


ロンドン<イギリス<ヨーロッパ
拍手する
posted by ぽて at 02:08 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ライフ

映画・ライフを観てきました。

ざっくりどんな映画かっていうと

動物映画ですね。

ペット紹介じゃないです。

動物です(ぉ


名前の通り、「生きる」をテーマに

動物の生活の知恵やらなにやらを紹介してる感じ。

アザラシが何故極寒で食料もないようなところを選んで出産するかとか

狩りの仕方とか

食料を栽培する生き物とか

捕食シーンとか。

クワガタの求愛までの♂同士の戦いと、その後とかも面白かった(ぁ



割と知ってるのも多々ありで

私は多分、見ているうち3割ぐらいは知ってたかなぁ?

まぁ映像としてみるのは初めてっての多かったから

楽しかったけど。

一緒に見ていた妻は

殆ど知っていたと思う(ぇ

もともとそういう番組よく見てる人だから。


ペット好きではなく

動物好きなら楽しめる作品だと思います。


ただ、そういう人はキャッチフレーズに

人生変わりますって書いてあったんですが

別に人生変わらんと思う(ぇ


あとは

生きること、守ること、食べることなどを押して話をしていましたが

それだけだと正直、上っ面良く飾っただけにしか感じません。

生きるってことは、守るってことは、

同時に、奪う側にもなることを伝えるべきだと思う。

その良し悪しを誇張すべきではない。

ただ、否定をすべきではない。

いいところだけ見せて、生を肯定するのは

一方からの視点で、自分の生に対して自己弁護してるだけだと思うし。


勿論、自分が奪われる側たりえることも

伝えるべきなんだけどね。


人生変わるとか言うなら

そこらへんまでちゃんとやってほしい。

これなら

最近のペット寄りのではなく

ちゃんと動物の生態を取材する動物番組観てたほうが

人生変わると思う。


そんな気分。
拍手する
posted by ぽて at 02:19 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

ミロ星!!

映画、久しぶりに観てきました。

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星。

「嘆きの丘」と書いて「ミロス」と読ませる(ぉ


物語の時期は11巻の最後の方。

対ラスト戦後

ロイ退院後

ハボック負傷中

セントラルに出没するスカーをおびき出す為に

エドがセントラルに皆様に

錬金術で役に立ちまくって話題になってる辺り。


時間軸としてはそこに割り込む話。

まぁ、物語後じゃぁ、エドはあんまり派手に活躍できなくて

絵的に楽しさ半減だろうけども(笑



舞台はアメストリスの西側国境付近の街、テーブルシティ。

原作じゃエド達が行かなかった方だね

この西側には、クレタという国が有る。

その両国の堺で巻き起こる大事件。


まぁネタバレにならない程度はこれぐらいか(ぁ


私は楽しんできましたが

妻はいまひとつといった感じだったろうか。


よくですね。

RPGでラスボスが

悲しい過去とかが原因であったりで世界を憂いて

世界をやり直す為に一度終わらせるとか

そういう阿呆な発想で極論つっぱしるヤツがいますが

今回の映画で、エドが、

私がそういう手合いの馬鹿に言ってほしい言葉を言ってくれた気がします。

目の前の現実から逃げてるだけだって。




さて、ちょっと公開から時間は経ちましたが

入場者特典の

鋼の錬金術師11.5巻はちゃんと貰えました。

カバー裏とか、荒川さんヤンチャしてます(笑


気になる方はお早めに(ぉ


拍手する
posted by ぽて at 02:17 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

銀幕ヘタリア。

映画のヘタリアを観てきましたよ(ぉ


ネタバレんが故、

追記にて。


だれ?カナダだよ。
タグ:ヘタリア
拍手する
posted by ぽて at 02:57 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

限りなくアリスに近い。

映画 アリス イン ワンダーランド

を観てきました。


公開からもうすぐ2ヶ月経とうとしているのですけども

まだ結構な客入りだったのはちょっと驚きました


つっても、上映回数などの違いもあって

朝・夜1回ずつだったからというのと

日曜日だからっていうのもあるんだろうけど



観てきたのは

3Dの吹き替え版。


ではでは、感想は追記にて。

かんそうかんそう。
拍手する
posted by ぽて at 02:56 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

ザ・ファイナルステージ

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

観て来ましたよ。


公開から結構経ってるんで

観たい人はもう大体みてるだろうし

ネタバレでがつがつ書いても被害被る人は少なさそうですが

まぁ、便宜上ね。


追記でネタバレいくらか含む進行で。

フクナガはまたフクナガだ。
拍手する
posted by ぽて at 02:52 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

ストロングワールド!

さて昨日の予告通り

映画ONE PIECEの感想をば。


まぁネタバレはほとんどないつもりですが

純粋に楽しみにしている人は読まないでね


あと、観ようか悩んでいる人が読むのは結構ですが

冷静に観るか検討したい人は読まないほうが良いかも知れません

私はこの映画については、べた褒めするんで(ぉ




あ、何?一緒に観に行くっつーなら誘いのると思うよ?二回目でも。
拍手する
posted by ぽて at 01:35 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

むー。

観て来ました、映画MWを。


さて・・・どう切り崩していいものか。


まぁとりあえずこれから観るって人が

ネタバレを眼にしないように注意書きから入りますか。

以降、ネタバレ注意。自己責任でクリックしてね。
タグ:MW
拍手する
posted by ぽて at 00:59 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

せきへき。

そういえば。

テレビでレッドクリフやってたんで見た(ぉ



三国志の知識といえば・・・


無双オロチで三国志キャラ知ってるぐらい(ぉぃ

平たく言えば、ほとんど知らん。

辛うじて人名知ってる程度。

もう、どういう話かさっぱり(ぁ


劇場公開当時から、CM見てて派手さが気になって観たかったのです。

ストーリーはあんまり気にせず(ぉぃ


そんなわけでテレビ公開。

ちょうどやってたから観たぜ(ぉ


冒頭。

皇帝様の声が・・・

聞いてるうちに、あれ?これ石田?

って。ふと気づく。

気づく反面、なんか違う気がしつつ。

とりあえず石田好きにメール送る(ぇ


そして判明。

レッドクリフの吹き替えの声優陣が豪華すぎること(ぉ

結局、石田でした。

ほかに朴さんや山寺さんや玄田さんや・・・


とにかく豪華(ぉ



登場人物。

劉備は概ねのイメージが違わなかった。

外見は別として(ぉ


曹操。

なんか、味方に恵まれてない設定?

無双だとむしろ恵まれてるのに(ぉ


孫権。

呉のメインは周瑜ですから立場うす(こら


小喬。

超をつけて良い位のセクシーアジアンな美人さん。

無双だとロリキャラなイメージあるからもうギャップが(笑



物語。

戦闘の魅せ方がやっぱりメインか。

おーすげーとか思いながら観てるのが楽しかった

反面。

盾の壁の中に引きずり込まれるあの戦法超こえー・・・



感想としては

観る方も、勢い求めてみるのなら、とても楽しいと思うよ!(ぁ

パート2もテレビで公開されるまで待ちます(何
拍手する
posted by ぽて at 01:00 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

げ。げ。げげげのげ。

ゲゲゲの鬼太郎アニメの映画みてきたよ。

ネタバレで感想ー。
夢子ちゃんじゃないですよ。
拍手する
posted by ぽて at 16:50 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

映画・魍魎の匣を見終わって。

映画の「魍魎の匣」を観ましたよ。DVDで。

彼女の親がレンタルして、折角だから観る?って持ってきてくれて。

折角だから観たわけですね(ぉ

原作が独特ゆえ、映画化は色々言われてるようです。

そんな映画を私も色々言うわけですね(ぁ


まぁネタバレみたいなものなんで追記にて。


「うへぇ」は出ないよ。
タグ:魍魎の匣
拍手する
posted by ぽて at 15:37 | 兵庫 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする