2009年07月13日

むー。

観て来ました、映画MWを。


さて・・・どう切り崩していいものか。


まぁとりあえずこれから観るって人が

ネタバレを眼にしないように注意書きから入りますか。





----------------- コレより下はネタバレです。 -----------------


ネタバレが嫌な人、これから映画見るから楽しみにしているという人たち
そんな人々はこれ以下を読まないようにお願いします。

読んで観る気なくそうが楽しみ半減したと言われ様が

私はその責任を負う気も責任を向けられる覚えもございません。


では、読む人だけ下へスクロールしてご覧下さいませ。

ま、大したことは書きませんがね(笑













さてさて。

玉木さん演じる結城って人が

自分の生まれ育った島で起こった事故

その隠蔽を図った国を相手に復讐するという


大筋というか、CMで出てる辺りはそんな物語。


この結城って人。

賢くてなかなか歪み具合が好みというか。


賢いくせに、というか賢い故にというか

人の罪の意識やら弱みやらを踏まえて行動するというか

それでいて人の淡い期待を踏み潰すような手段を好むというか


面白い面白くないでなく、手口の選択が好みなんですよ(ぉぃ

結構危ういこと言ってるなぁ自分(笑



それは置いといてっと。

演出は最初派手な感じで

刑事がああいうことするのは正直見ていて嫌い(ぁ

やりすぎっつーか周り気にしなさすぎ。

でも演出に凝って力入れてるのは伝わってくる

多分、私の好みではないだけで完成度高いってことなのかな?


それに比べてだけど

クライマックスのCGを使った演出は・・・

かえってショボく感じた。

規模は序盤の演出より大きいはずなのにね



どうでもいいんですが

玉木さんが人質の耳元で視線そらしながら耳打ちしてる姿が

妙に色っぽく思うのなんででしょうか(何



そういえばだけど、MWの原作のマンガ

実家にあったの見かけた気がする

多分兄貴のかな?


今度実家帰ったら探し出して読んでみようっと。

タグ:MW
拍手する
posted by ぽて at 00:59 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

MW(ムウ)
Excerpt: MW(ムウ)は手塚治虫原作の漫画を映画にしたものです。 映画を見ましたが、すぅっと引き込まれ最後まで見てしまいました。 最初、犯人が誰なのかわからずにいたのだが、すぐ、犯人が特定できそれ..
Weblog: 365日映画生活坊主
Tracked: 2010-03-14 09:48