2017年05月19日

さっしのよさはあだとなる。

息子はそもそも察しがいい。

見てある程度の情報整理ができるんだろう。

昔から教えてもいないのに所見で何かわかったりすることがしばしば。


最近の勉強でもしばしばその感じはあるようで

問題文を読まずにやることを察する。

ってか平仮名すらすらまだ読めないのに(ぉ


問題文を読まないなんてケアレスミスの温床。

ってかわかっているつもりでも確認は大事。

・・・子供の頃の自分に教えてやりたい(ぁ


そんなわけで息子には

文章を読む練習を兼ねて

ちゃんと読むことをしっかりやらせている。

・・・・・・んだけどね?

しばしば横着する。

文章の意味は同じなんだけど

同じ意味だけど違う読み方をする。

意味は合ってるんだけど、

読む練習兼ねてるんだからちゃんと読めと。

言われた通りにしてくれるが

しばしば面倒くさそうな空気を出す息子。


まぁ息子曰く、勉強は遊びみたいなもの、だそうだしな。

今のところ難しいことやってないし、そうかもだが。

現状は勉強の癖つけること優先で

楽しさ損なわないように進行するのがいいのかねぇ。


でもま、厳しさは、忘れずに。
拍手する
posted by ぽて at 02:19 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする